大阪市中央区の任意売却相談窓口 住宅ローン救済支援センター

06-7878-6369

営業時間10:00〜19:00(定休日:水曜日)

method

そのまま住み続ける方法

そのまま住み続ける方法

経済事情や健康状態によって住宅ローンの返済が厳しくなり、不安な気持ちを抱えていませんか?
しかし慣れ親しんだ自宅を離れることは、精神的な負担も大きいでしょう。

そこで検討したいのが、「任意売却」と「リースバック」の組み合わせです。
任意売却とリースバックを組み合わせることで、住宅ローンの問題も解決し、今の家にも住み続けられるケースもあります。

この記事では、任意売却とリースバックについて詳しく解説していきます。

リースバックとは?

任意売却が不動産売却方法のひとつであるのに対し、リースバックとは不動産売却後に買主とリース契約を結ぶことで、引き続きマイホームに住める仕組みです。

手の上にある家の模型

買戻しできる可能性もある

任意売却とリースバックを行い、一定期間は賃貸契約で住み続けたあと、自宅を買戻せるケースもあります。
ただし買戻しの際の購入金額は、売却金額よりも高くなることがほとんどです。
経済的な見通しが立ち、まとまったお金が用意できる段階にならないと、買戻しは難しいでしょう。

売却後も自宅に住める

最大のメリットは、売却後も自宅に住めるという点でしょう。
任意売却だけでは家を手放すことになりますが、リースバックで賃貸契約を結べば売却後も自宅に住めます。
引越しの手間や費用も省けるので、経済的にも精神的にもメリットが大きいでしょう。

大阪市中央区の任意売却相談窓口 住宅ローン救済支援センター